ボツラックス治療

今まで寝ている時にマウスピースを使っていた方や、
こんな方はご相談ください

場合により、このボツラックス治療により寝ているときのマウスピースをやめていただくことも可能です。

咬筋(顎の筋肉)を緩和するボツラックス治療

食いしばりは顎の周囲の筋肉(咬筋)が影響しています。
噛む力を弱くする為には、この咬筋の緊張をほぐす必要があります。
噛む行為は無意識で行われるので、ご自身の力で弱くする事は困難です。

そこで、医療分野で広く使われるボトックス注射(当院ではボツラックス治療という名称で行っております)が有効です。ボトックス注射といえば近年、美容分野でお聞きに鳴る機会が多いと思いますが、医療の世界では幅広く利用されています。

咬筋(顎の筋肉)を緩和するボツラックス治療

ボツラックスを、顎の筋肉に注入して、筋肉をやわらげる安全な治療方法です。
日常生活における会話や食事に影響はありません。

食いしばりや歯ぎしりが強い方:マウスピースを作成して就寝時に付けていただく予防的な方法を試される方が多い中、付けることを忘れてしまう場合などにこちらのボツラックス治療をご説明の上おすすめしております。

咬筋肥大とは

咬筋とは食物を咀嚼する時に使われる筋肉で、かみしめ癖などの食いしばりなどが原因となり、この咬筋が必要以上に発達し肥大(膨張)している状態を咬筋肥大といいます。

咬筋が肥大することにより、顎の痛み、血行不良、ストレス、頭痛、肩こり、エラ張り、むくみなどの原因になる可能性があります。

ボツラックス治療は、歯科学会でも発表されている治療です。(日本補綴歯科学会、日本顎関節学会など)