いびき治療

いびき治療について

上記のような症状に心当たりのある方は、睡眠時無呼吸症候群の恐れがあります。
無呼吸を放置すると、心筋梗塞あるいは脳卒中を起こす、あるいはこれらが原因で命を落とすことがあります。
「睡眠時無呼吸症候群」の無呼吸を放置すると12年後に4割以上心筋梗塞や脳卒中を起こす、これらの原因で早死にするといわれています。

いびきは上記の睡眠時無呼吸症候群(SAS)と密接な関係があります。いびきは、睡眠中に舌や喉の筋肉がゆるむことで、上気道を部分的に狭くし呼吸の流れで粘膜が震えて発生する振動音です。
その原因は様々で、肥満や咽頭扁桃(アデノイド)、骨格(あごが小さい/狭い)、鼻疾患、アルコールや薬物摂取などがあります。<SomnoMed Japanサイトより引用>詳細へ

これらの症状に心当たりのある方は、お気軽に、一度ご相談下さい。



睡眠時無呼吸症候群用マウスピース

睡眠時無呼吸用マウスピースは呼吸をしやすくするために下アゴを前に出した状態で固定する装置です。

違和感と偶発症について

  • 睡眠時にマウスピースの違和感でなかなか寝付けない場合があります。
  • 夜中に目覚めてしまうかもしれません。最初は朝までの装着は難しいですが、できるだけ装着するようにして下さい。
  • 起床時に歯が浮いたような感じや咬み合わせが分からないような違和感が生じます。通常30分程度で違和感は和らいできます。歯の痛みや顎関節の痛みを感じた場合は使用を一時中断して下さい。

マウスピースの清掃と保管

  • マウスピースは毎朝歯ブラシで水洗して下さい。歯磨剤を使用するとマウスピースが削れてしまいますので
    歯磨剤は使用しないで下さい。時々義歯用の洗浄剤で洗浄・消毒して下さい。
  • お湯につけると変形して使えなくなりますので注意して下さい。

マウスピースの調整

マウスピースの材質はプラスチックですので、ひびが入ったり壊れたりすることがあります。

その場合は修理しますのでご連絡下さい。壊れた程度により新しく作らないといけない場合もあります。

効果の判定

まずは家族の方に「いびきが小さくなったか」「呼吸が止まることがなくなったか」確認してもらって下さい。

定期ケア

マウスピースの固定源は歯です。虫歯や歯周病などで歯を失うと装着できなくなります。

睡眠時の呼吸機能を守るためにも、歯の定期健診や専門的口腔清掃を受けてください。