入れ歯治療

以下の各お悩みから
気になる入れ歯治療
をお選びください



審美入れ歯(針金のない入れ歯)

おもいきり笑える!新しい部分入れ歯です。金属クラスプを使うと笑った時に外から見える事が難点ですが、こちらの金属クラスプを使わない当院の審美入れ歯は、アームに透明感があり、入れ歯を装着している事にほとんど気づかれません。アームが広い範囲を包みますので、硬い金属クラスプと異なり歯を締め付けることがなく、優しい装着感を得ることが可能です。

メリット_審美入れ歯(針金のない入れ歯 メリット_審美入れ歯(針金のない入れ歯_モバイル

こちらの入れ歯は、金属バネの代わりに、透明感のある特殊樹脂を使用しています。また、特殊樹脂で可能な限り薄さと軽さを実現しています。

お客様の声

  • 保険適用の入れ歯の時は、食後に食べ物が詰まってしまっていたので
    不便を感じ、常に違和感があった。新しい装着物に変えて、
    ずいぶん自分の歯に近づいた感じがします。
  • 金属バネが無いので、入れ歯と気づかれにくくてとても良いです。
  • 薄くて軽いため、発音がしやすく装着感も軽くて良いです。
  • 隙間が少ないので、食べ物がはさまりにくいのがとても良いです。
  • お口の状態にあわせていろいろな形で作ることができます。



ロケーター入れ歯

ロケーターとは総入れ歯を安定させる装置です。また、インプラントと入れ歯を結合させる装置です。
入れ歯にロケーターを取り付けてインプラントの上に装着することで、ずれにくく、外れにくくなりますので入れ歯が安定します。

メリット_ロケーター入れ歯 メリット_ロケーター入れ歯_モバイル



金属床入れ歯

総入れ歯の基本的な構造は、ピンク色のプラスチックでできている本体と人工の歯で構成されていますが、このピンク色のプラスチックの部分を金属に置き換えたものを金属床義歯といいます。すべてを金属にすることではなく、上顎の総入れ歯の場合には、上顎の裏側(口蓋・こうがい)を金属にし、下顎の総入れ歯の場合は舌側を金属にします。

メリット_金属床入れ歯 メリット_金属床入れ歯_モバイル


チタン入れ歯

チタンは生体親和性が高く、金属アレルギーの心配がなく、軽いのが特徴です。
金属床の長所を持ちながら、さらに軽さと生体親和性が加わった優れた入れ歯です。



マグネット入れ歯

マグネット入れ歯とは残っている歯を利用して入れ歯を安定させる方法です。残っている歯の根っこに磁性金属を取り付けて、入れ歯の方には磁石を取り付けます。こうする事で格段に入れ歯の安定感が増し、今までの『はずれやすい!』などの入れ歯の悩みが解消されます。

マグネット入れ歯_メリット マグネット入れ歯_メリット_モバイル
マグネット

従来のバネの入れ歯は歯に良くないのでしょうか?正直なところ、良くないです!入れ歯のバネを引っかける歯は、毎回の入れ歯の取り外しによって毎回大きな負担がかかります。この繰り返しで、バネを引っかける歯は段々とグラグラしてきて、終いには抜歯をする事になってしまいます。そうなれば別のしっかりとした歯にバネを引っかけ直して、入れ歯を新しくしていきます。長年こうして入れ歯を作り替えて、段々と総入れ歯になってしまいます。


ほとんどの方は最初はバネのついた小さな部分入れ歯から始まり、どんどん入れ歯が大きくなり、最終的に総入れ歯になってしまうということです。

歯がないとマグネット入れ歯はできないのでしょうか?
その場合はインプラントを入れることで可能です。
インプラントに磁性金属を取り付けて、入れ歯の方には磁石を取り付けます。

磁性金属

インプラントを入れるとマグネット入れ歯以外にも、最新のロケーター入れ歯も可能になります。

ロケーター入れ歯で、「食事中も会話中も入れ歯がはずれない」ことがあなたも可能になります。

ロケーター


ソフト入れ歯

入れ歯の裏がやわらかく、歯茎にピッタリなソフト入れ歯です。入れ歯の安定剤も不要でお手入れが楽になり、ピッタリあっているので快適な入れ歯です。以前の入れ歯よりしっかり噛める食事ができるようになります。さらに、シリコンの剥がれがなく長期間安心してお使いいただけます。

ソフト入れ歯_メリット ソフト入れ歯_メリット_モバイル